発酵バター

最近、よく発酵バターというのを耳にするような気がします。発酵バターと普通のバターは何が違うのでしょうか。その名の通り、発酵バターは、乳酸菌をクリームに練り込んで発酵させたり、バターに直接乳酸菌を混ぜ込んで発酵させてから作るバターです。普通のバターは発酵させていません。日本では発酵バターはほとんど作られていません。普通のバターの甘みに加えて、酸味があるのが発酵バターの特徴です。


発酵食品は、免疫力がアップする、抗酸化作用があるといった面から体にはいい食品です。健康にもいい発酵バターは、お菓子と相性がいいようで、お菓子の材料にもよく利用されます。東京渋谷スクランブルスクエア内には、発酵バターを使った専門店もオープンしています。


普通に売られているお菓子にも発酵バターを使ったものもあります。東ハト、ハーベストは、さくさくして香ばしいクッキーです。不二屋のカントリーマアムロイヤルは、発酵バターを使っています。江崎グリコのSUNAOというクッキーは、食物繊維がたっぷり、糖質オフで食べやすかったです。


スーパー等でも手軽に購入できるような発酵バターのお菓子です。食べてみてもいいですね。私が頂いたのは江崎グリコのSUNAOというクッキーです。









血糖値対策 お茶

血糖値対策で、お茶を飲むことは、効果的ですがノンカフェインのお茶がいいです。お茶に含まれるカフェインは、血糖値を一時的に上げてしまします。血糖値対策のお茶は、トクホ認定されているお茶も何種類かあります。


コカコーラからだすこやか茶や、ヤクルトの蕃爽麗茶、カルピス 健茶王黒豆黒茶など他にもあります。ポリフェノールや食物繊維の働きにより食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できる商品です。


コンビニやスーパーでも普通に売られていますね。日本では、糖尿病患者や予備軍といわれる人達がどんどん増えています。糖尿病は、それ自体は、自覚症状はないのですが、血糖を高いままにしておくと血管を傷つけ、合併症といわれる病気にかかりやすくなります。予防のためにもお茶は手軽にとれるしいいですね。








ミドリムシ サプリ

ミドリムシは、藻の一種ですが、動物のように動きます。植物性の栄養素と動物性の栄養素、59種類の栄養素をもっています。不思議な生き物です。ミドリムシは、サプリや健康食品の材料として注目されていましたが、大量生産が難しく、研究用にごくわずか取引がされているだけでした。そんなミドリムシに注目して、大量培養に成功したのが(株)ユーグレナの出雲社長です。


食物連鎖の末端にいるミドリムシなのですぐに食べられなかなか大量には作れなかったのです。いろいろな研究者から失敗例を聞き取り、ついにミドリムシしか生きることのできない溶液で大量培養に成功したのです。ミドリムシさえ食べれば栄養失調がなくなるともいわれています。59種類も栄養素があればそうですね。


株式会社ユーグレナで生産されたミドリムシには認定マークが入っています。


midorimusi.JPG



ミドリムシ特有の栄養素にパラミロンがあります。パラミロンは、細かな無数の空隙があり、この空隙に余分な油等を吸着して体の外に出してくれます。食物繊維です。パラミロンが多く含まれる(含有率の高い)ものがいいでしょう。








ビークレンズ

腸活や腸内フローラ等、腸が健康に関わることがクローズアップされています。腸内フローラについては、NHKスペシャル人体でも放送されました。腸内の細菌の種類が大事なのですね。腸内の環境によって肥満になったり痩せにくい体質になるようです。肥満体質が原因で認知症や糖尿病になる人も少なくないようです。


腸内の環境を整える商品はたくさんありますが、ビークレンズという商品です。ビークレンズの成分は炭とコンブ茶です。炭は、日本の食品安全衛生法では、食品に入れることが認められているのです。炭は、腸内の油や悪玉菌を吸着して体外に出してくれます。炭は、空洞がたくさんありスカスカなのです。炭を摂取すると、温感作用もあります。温活です。コンブ茶は、善玉菌を増やしてくれます。ビークレンズは、余分なものを体外に出し(排便です)善玉菌を増やしてくれるのです。


ビークレンズ、3ヶ月ぐらい試してみてはどうでしょうか。腸内の環境を改善するには、1週間や10日ではなかなか難しいものです。もしかしたら排便作用は、即効性があるかもしれませんが、徐々にじっくり、気がついてみたら調子がよくなったとなるように。



骨密度

骨密度対策といえば牛乳、カルシウムというイメージでしょうか。骨密度は、骨の強さの指標ですね。骨密度があまりにも低くなると骨粗しょう症という病気になります。骨密度が、若いときに比べ70%を切ってくると危ないですね。骨の中がスカスカになり、少しのことで骨折しやすくなりますし、背骨が曲がったり、腰が痛くなったりしてきます。


若いときは、いいのですが40代くらいからは、気を付けた方がいいですね。牛乳をたくさん飲んでカルシウムをたくさん摂取しよう。これもいいのですが、なかなか吸収されにくいのです。牛乳には、カルシウムがたくさん含まれますが、タンパク質も多く含まれます。このタンパク質の中に骨密度を高める成分があります。


骨密度を高めるために、必要な成分を効果的に摂取できるのが、「毎日骨ケアMBP」という商品です。牛乳のタンパク質から抽出したMBPという成分が多くあります。骨密度を高めるためのMBPという成分を効率よく摂取することができるのです。骨を健康的に保ってくれますね。骨密度対策にはもってこいの商品です。